41

カード育成が非常に捗りました。



魔道書の魔力半減が今日で終わります。特に現在Lv.57以下のプレイヤーは、通常消費魔力に戻るとそもそもクエストに参加できないという事態になるため、ノーコンで回ることができるなら全力で掻き集めてストックしておきましょう。

今回は、上級と封魔級で獲得できる魔道書の冊数と経験値について、魔力との効率を計算してみます。かなりザックリとした計算なので、あくまで参考程度でお願いします。

・封魔級と上級のドロップ

私の所感だと、封魔級でドロップするパターンに多いのはS1枚A3枚 or S2枚A2枚でした。次いでS1枚A2枚、S2枚A1枚、S3枚A1枚、そしてめったにありませんがS4枚。

これを上級のドロップに無理矢理当てはめると、以下のようになります。
1:S1枚A2枚→1ドロ
2:S1枚A3枚→2ドロ
3:S2枚A2枚→3ドロ
4:S3枚A1枚→4ドロ

4枚のパターンは、私自身お目にかかれていないレベルのレアケースなので除外しました。

次に上のものを経験値換算します。

封魔級 魔力1あたり 上級 魔力1あたり
14142exp 236exp 1802exp 60exp
15904exp 265exp 3604exp 120exp
24680exp 411exp 5406exp 180exp
33416exp 557exp 7208exp 240exp
※消費魔力は通常時の封魔級→60、上級→30で計算

期待値を出すまでもなく、封魔級のほうが圧倒的に高効率なのがわかります。2倍以上差がありますね。


そんなわけで封魔級をクリアできる戦力が揃っているなら、間違いなくそちらを回したほうがお得です。さすがに石使ってコンティニューする価値があるかと言われると怪しいところですが、2回に1回は全滅してしまうとしても、それでもなお封魔級のほうがオススメというレベルです。

なにより、S魔道書を使えばSランクカードを一発でLv.MAXにできるため、育成費用を大幅に削減できるというメリットがあります。ちなみにA魔道書を使用して育成しようとすると、35冊合成するのに8冊→8冊→8冊→8冊→3冊という最短の手順を踏んでも約150万ゴールド掛かります。

本日は魔道書の魔力半減最終日なので、仮に他属性でも石ジャブしてストックしておいたほうがいいかもしれません。魔道杯も近いことですし。


今回の記事は、封魔級と上級のドロップ率を正確に計測して算出したものではないので、あくまで個人の所感によって書かれたものだという点を強調しておきます。
 黒猫あんてなに参加しています。