02

エーテルグラスの入手方法告知はまだですか。


・潜在能力の全体攻撃アップ

57


・AS属性エンハンス

36


この2つの攻撃アップはそれぞれ特徴があり、「潜在能力の攻撃アップはステータスに上乗せ」となっている一方、「ASエンハンスは素の攻撃力 × 0.2倍のダメージが加算(ジグムントの場合)」という仕様です。

つまり、潜在能力の場合は上昇した攻撃力にそれぞれASの倍率が乗るわけです。対してASエンハンスは、(素の攻撃力 × 0.2)のダメージが通常攻撃に加算されます。

59

言葉では説明しづらいので、AS補正の大きいルーシュを用いて実演するほうが早いでしょう。ルーシュはASで6倍の補正がかかるという、AS依存度の大きいキャラです。

・通常時

58


・AS属性エンハンス

59

右が切れていますが2,320前後のダメージです。
計算式は「526 * 6 * 0.5 * 1.5 + 526 * 0.2 * 0.5* 1.5 = 2,446」
※寝ぼけていたのか(526 * 0.2 )の計算を思いっきり間違えていました。正しくは2,446です。

ルーシュは素の攻撃力が低いため、ASエンハンスの恩恵をイマイチ受けることができません。他の属性特効キャラもあまり攻撃力がアップしている実感が得られないのは、このASエンハンスの仕様が原因です。

・潜在能力

53

ルークの200アップと、ニルの100アップで合計300アップ。ルーシュの攻撃力が800を超えているということになります。ダメージ計算式は「826 * 6 * 0.5 * 1.5 = 3,717」。



属性特効や連続正解系のようにASの倍率補正が高いキャラの場合は、潜在能力の恩恵を存分に受けられます。逆に、ニルやカノンのように素の攻撃力が高いキャラの場合はASエンハンスのほうが向いているということになります。

ちゃんと伝わったかは不安なところですが、私がクァンの潜在能力フル覚醒を推していたり、ルークをイベントのスタメンにしていたりするのはこういう理由があるからです。

結局のところ何が言いたいかというと、潜在能力の「味方の攻撃力アップ」はめっちゃつよい。
 黒猫あんてなに参加しています。