13

ver.水単


・禁呪の解放者 ムエナ・フルムエ

46

なにやら評価の芳しくないムエナさん。「魔法生物特攻」という、種族を限定したAS自体があまり評価されていないというのが現状のようです。個人的には結構優秀なキャラだと思うのですが……。


・魔法生物特攻とは

05
30

それぞれ、同属性と有利属性に対するダメージ。ムエナの攻撃力が2,232なので、攻撃力補正350%にチェイン補正などがかかる形になります。


・というわけで伐採へ

04

道中は基本的に、苦手属性である雷ユグを優先して殴っていけばすんなり突破できます。デッキを見るとわかるように、遅延も軽減も入れていません。ムエナ2体は無覚醒で、ピノ・ソフィ・アイシャはフル覚醒です。


38

5戦目の雷ユグが鬼門となるのですが、1ターン殴るだけでHPを半分削り、2ターン目でトドメを刺すことができます。つまり、最大でも一撃しか攻撃をもらわずに倒せるわけです。

乱数やデッキの覚醒状況にも影響されるので、2ターンで倒しきれないようなら、ムエナのSSなど攻撃スキルを惜しまずに使用して調整します。


14
43

ボスの世界樹戦は、まずは溜め攻撃が痛い水世界樹から処理します。順調に行けば、溜め攻撃を食らう前(5〜7ターン以内)に倒せるはずです。

あとは火と雷が残るので、好きな順番で倒せばOK。どっちにしろ何回か回復スキルを使われるので、雷を最後に残してじっくり調理するほうが楽だとは思いますが。


13

こちらの打点が雷世界樹の回復量を上回るため、無限ループにはなりません。



できればもう少し早い段階で情報を出したかったのですが、ムエナ2体目の育成を完了したのがつい先ほどでこんな時間になってしまいました。

水単色デッキでの攻略は比較的難しいとされていたので、ムエナの登場で世界樹狩りデッキの幅が広がりましたね。ムエナはこういう使い方ができる、という参考になれば幸いです。


(遅延・軽減いらずということを示すため、敢えてサポート系を削ったデッキにしてあります。遅延キャラがいるなら、アイシャの枠に入れると更にノーコンが安定するかも)
 黒猫あんてなに参加しています。