14

簡単に報告を。


・7段デッキ

12

今回はほぼ8段で戦っていたので、7段はあまり対策していませんでした。ゴーストの最速は8ターンですが、間違えて降格してしまった時に8段へと戻ることだけを考え、9ターンクリア確定のデッキを採用することに。

道中を4〜5ターンで抜けられるためパネル事故に遭いにくく、実は水単色デッキよりも安定感が高かったりします。アスモデウスがSSに進化すれば、8ターンクリア安定に。


・8段デッキ

16

以前公開した記事と全く同じ構成です。魔道杯で得たエーテルをイザヴェリに投入し、道中の安定感を向上させました。基本は10ターン安定で、X'masツバキを覚醒させてSSを8ターン発動にすれば9ターンクリアが可能になります。


・4日間の獲得pt

41

8段はポイント効率がかなり良く(1位になると1,890pt)、うまくいけば1クリスタルあたり10,000pt弱稼ぐことができます。実は、8段のゴーストは7段に比べると緩めなので、道中空踏みやミスをしてベストターンを出せなくても1位になれたりします。

最終的に14万pt程度稼いで、期間総合は102位でした(終了間際まで100位ボーダーを探って遊んでいたら、最後の最後にミスをするという恥ずかしい結末に……)。



今回の「新緑の魔道杯」は報酬ボーダーが高めでした。これは、前回アメリアを入手できた層が5段以上に進出してきて、pt稼ぎの効率が大幅に上昇したのが原因だと思います。よって、次回以降も比較的高めのボーダー争いとなることが予想されます。


・おまけ「7段を貰い物メインで攻略」

13

私個人の感覚では、7段が一番の魔窟で詰んでる方も多いのではないかと思います。そんなわけで、(ガチャ産精霊は人によって偏りがあるので)頑張れば入手可能な「配布系精霊」を軸に7段デッキを作ってみました。


真ん中のSSテスタメント以外は、すべて配布系の精霊です。テスタメントの部分は、同等以上の性能を持つ高火力アタッカーならなんでもOKです。配布系精霊のいる枠も、自分が所持している上位互換精霊で代替可。


このデッキだと、雷ウルグ2体が出た時点で12ターンクリアになってしまいます。それを改善してみたのが以下のデッキ。

37
09
※左2体が未覚醒で、右3体はフル覚醒


これだと確定11ターンでクリア可能です。4戦目でテスタメント(あるいは7ターン全体攻撃SSの使えるキャラ)のSSが溜まったら惜しまずぶっ放し強引に突破することで、道中を8ターン以内に抜けるのがポイント。


32

これは比較的ゴーストが緩いパターンなので上位にランクイン。基本は1位が8〜9ターンで、11ターンだと6位以内といった感じです。全く歯がたたないというわけではありませんね。


ガチャ産カードがあまり潤沢でなくても、イベント精霊+α(ガチャ産カードなど)があれば、なんとか戦えるラインまで持って行くことができます。イベント精霊を10数回ドロップさせるのはなかなかに骨が折れる作業ですが、先を見越して優秀だと思った精霊は、極力フル覚醒を狙うことをオススメします。
 黒猫あんてなに参加しています。