26

ひと通りプレイしてみた感想を。


・ゲーム内容について


戦闘システムに関しては触ってみればすぐにわかるので省略します。「フリック(片手)で操作できるシンプルなモンハン」と考えれば問題無いかと(モンハンファンの方ごめんなさい)。


通常ステージ(ストーリーパート)は自分と助っ人の計2人、協力プレイでは最大4人まで集まってプレイ可能です。今のところは1ステージ2分〜5分程度でサクッとプレイできるのでお手軽な感じです。

08

現在はリリースされたばかりということもあり、協力プレイが番号入力制になっています。よって友人間やTwitterでのやりとり、募集用の掲示板が無いとそもそも協力プレイができないのが現状です。もう少し経てばiOS版リリースと共にマッチングシステムが導入されるのではないかと思います。

(需要があれば募集用の掲示板を設置します)

・スタミナ(魔力)制ではない


「白猫プロジェクト」にはスタミナ(魔力)の概念が存在しません。つまり、スタミナ回復待ちをしなくて済むため延々と遊ぶことができます。この辺が他のソシャゲとは一線を画する点なのかなと。


これだけ聞くと非常に魅力的に感じますが、重課金ゲームの多いコロプラのことなので取るところはしっかり取ってきます。キャラガチャ&武器ガチャを始め、ジュエル(課金アイテム)を使えば容易にキャラレベルを上げられるなど課金要素はほどほど。

52

FF10のスフィア盤のようなシステムを活用してキャラのステータスを上げていきます。レベルアップに必要な素材はクエストで入手するわけですが、足りない場合はジュエルを突っ込めば素材を消費せずにレベルアップ可能。

・ガチャについて

36

「キャラガチャ」と「武器ガチャ」の2つがあり、それぞれガチャを引いて戦力を整えていきます。


キャラにはそれぞれ職業(武器職)が設定されており、武器もそれに対応したものを使用します。ウィズに比べると明らかなゴミキャラが少ない(いない?)ので、ガチャの引きが弱くても育成をきちんとやっていけば問題なく進められます。

このへんは運営がうまく調整していけるかに掛かってくるため、今後どうなるかについてはなんとも言えません。


31
01

また、同じキャラが被ると「限界突破用のルーン」に自動変換されます。

基本的に1体のメインキャラを優先的に育成していく方式なので、キャラと武器さえ揃えてしまえばしばらくはガチャを引かなくても育成次第でなんとかなりそうな感じです。その分無課金でやっていくなら序盤のリセマラが重要になってきます。


・リセマラについて


キャラと武器が合致すればそこでゴールして良いのではないかと。私はリセマラが面倒なので適当に始めましたが、今のところ詰まることなく進められています。


個人的にオススメなのは武闘家(拳)キャラの☆3以上です。攻撃範囲が狭いというデメリットはありますが、大抵の敵に対して攻撃がよく通るためレベルさえ上げてしまえばゴリ押しが可能です。

また、ランサーも協力プレイで活躍できるため☆3以上のランサーを引いたらゴールでOKだと思います。


武器ガチャよりはキャラガチャのほうが重要なので、☆4のキャラ(職業は何でも可)を引けたならそこでリセマラ終了で良いと思います。武器に関しては今後イベントなどの報酬になる可能性もありますし。

・総括


協力プレイがとても楽しいので、その方面をどれだけ強化できるか次第でヒットするかどうかが決まりそうです。

逆に、スタミナ制じゃないことで延々とできる&ウィズみたいにのんびりとできないため(アクションゲームなので仕方ないとは思いますが)飽きが早く来てしまう可能性は無きにしもあらず。その辺はどれだけ力を入れて運営していくか次第ですね。


ゲームの出来としては、かなり丁寧に作られている印象を受けました。その分多額の資金を掛けているということでもあるため、黒猫ユーザーとしては面白くないと感じることもしばしば。白猫が大当たりしたから黒猫は切り捨てる、という愚行は犯さないで頂きたいところです。
 黒猫あんてなに参加しています。