tc

ラストも同デッキで。


・1戦目

1c
1dc

左のスネークが「1200ダメージ程度の単体攻撃」を、
右のパッディーが初回行動にて《HP50%削り》を使用後、「1200ダメージ程度の単体攻撃」を繰り返してきます。

初戦から50%削りを受けてしまうと辛いので行動前に落としたい所。
幸い右は2ターン待機なのでそれまでに落とせる初速が出るデッキで望む事を推奨します。

・2戦目

2c
2d1c
2d2c
2d3c

右の水スネークが「1200ダメージ程度の単体攻撃」を、
中央の雷スネークが先制で《チェイン解除》を使用後、「1000ダメージ程度の全体攻撃」を、
右の水ノーティーが初回行動にて「500ダメージ程度の連撃(最大3ヒット)」を使用後、「800ダメージ程度の単体攻撃」を繰り返してきます。

2adc

また、中央の雷スネークは左右のどちらかが倒れると怒りモードに突入。
「1500ダメージ程度の全体攻撃」を繰り返してきます。

先制でのチェイン解除が有る為、高チェインアタッカーが多いと不利な場面。
攻撃スパンの短い左から処理し、右⇒中央と落として行くのがベター。

中央の怒り攻撃を耐える為にSS回復精霊もいると安心。

・3戦目

3c
3d1c
3d2c
3d3c

右の雷パッディーが「500ダメージ程度の連撃(最大3ヒット)」を、
右の水タマゴ紳士が先制で《スキル反射》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」「300ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を繰り返してきます。

3ad2c
3adc

また、左の雷パッディーは右が倒れると怒りモードに突入。
初回行動にて《物理カウンター(9999ダメージ)》を使用後、「600ダメージ程度の連撃(最大4ヒット)」を繰り返してきます。

右が毎ターン攻撃を仕掛けてくるので先に落としてしまいたい所。
ただ、左の物理カウンターは「9999ダメージ」なので食らってしまうとほぼゲームオーバー。

左をカウンターを食らう前に処理できない場合(HPはそこまで高くないので、誤答が無ければあまりないとは思いますが)は、右を攻撃する際にも何体か左にターゲッティングを取る、もしくは攻撃SSで削るといった対応が必要。

・ボス戦

bc
bd1c
bd2c
bd3c

左の水スネーク(HP:100,000)が先制で《SP封印(3体・5ターン)》を使用後、「300ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を、
中央のオディルン(HP:150,000)が先制で《ダメージブロック(10000ダメージ・4ターン)》、初回行動にて《HP50%削り》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」を、
右の雷スネーク(HP:50,000)が初回行動にて《多弾式カウンター(1000ダメージ)》を使用後、「500ダメージ程度の連撃(最大3ヒット)」を繰り返してきます。

badc

また、左の水スネークと中央のオディルンはそれぞれ自分以外が倒れると怒りモードに突入。
左の水スネークが「300ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」「亡者の怨念(倒れている敵の数が1体で1500・2体で2500ダメージ程度の単体攻撃)」を、
中央のオディルンが初回行動にて《味方蘇生(HP50%)》を使用後、「1500ダメージ程度の全体攻撃」を繰り返してきます。

まず、先制での《SPスキル封印》が5ターンと長いので厄介。
煌級・光声級と同様に3戦目で状態異常ガードを使い、開幕遅延ができれば安心。

中央のダメージブロックは4ターンで途切れるので、
亡者の怨念を使用してくる左を落とした後、右を処理しボスとタイマンに持ち込めればベター。

サブクエにノーデスはないので助っ人ありきの戦法でもOK。

rc


・ラストクエスト登場

lc

「アメイジング・マジシャンの驚愕級」「Find the Lightの歌姫級」をクリアで、
「輝く想いの魔法」のラストクエスト「輝想級《偽りのない笑顔》」が開放されます。

 黒猫あんてなに参加しています。