tc

ヴェルタ鬼門の1つ。



・サブクエ一覧

sub

サブクエは今までと変わらず特に問題なし。

ただ、ステージを通して回復反転が多く、敵の攻撃(特に道中)もハードでヴェルタの中でも難易度が高くなっています。

「光・闇持ちの副属性で固めて回復反転を無効化」もしくは、「高倍率のAS・SSアタッカーでやられる前にやる」と言うのが大まかな攻略法になるかと思います。

・1戦目

1c

左右が「300ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を、中央が先制で《回復反転(全体)》を使用後、「3000ダメージ程度の単体攻撃」を繰り返して来ます。

開幕から全体の回復反転があり、ここを抜けるのも中々にハード。

中央から2ターン目に重い単体攻撃が飛んで来るので、2ターン以内で中央を落とせるデッキで臨みたい所。

2戦目以降に向けスキル溜めが必要なデッキの場合は、SS回復等を入れておくと安心。

・道中攻略

ac
adc

左が先制の《力溜め》から「4000ダメージ程度の全体攻撃」を、右が《1000ダメージの毒(全体・2ターン)》を使用して来ます。

左が1ターン目から致死量ダメージの攻撃をして来るので、行動前に落とすか、遅延や軽減で対処する必要があります。

左の毒も厄介なので、遅延を使わない場合は状態異常回復かガードで対処、もしくは攻撃SSを使い1ターンで2体を落としてしまう等の戦法がベター。

bc
bdc

左が「2000ダメージ程度の全体攻撃」を、右が先制で《チェイン封印》を使用後、「2000ダメージ程度の全体攻撃」を使用して来ます。

こちらも2体分の攻撃を受けてしまうとかなりキツイので、遅延か攻撃SS等を使い食らうダメージは最小限に留めたい所。

cc
cdc

先制にて左が《回復反転(3体)》を、右が《チェイン封印》を使用して来ます。

そして左右が「1500ダメージ程度の全体攻撃」を、中央が「400ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を繰り返して来ます。

回復反転が無かったとしてもダメージが重く、普通に殴っていても危険なパターン。

中央は左右のどちらかが落ちると怒りモードに入り「1000ダメージの毒(全体・2ターン)」を使用して来るので、状態異常回復かガードで対処するか、遅延や攻撃SSを使い中央から処理する事を推奨します。

dc

先制にて中央が《回復反転(全体)》を、右が《スキル反射(チェイン解除)》を使用して来ます。

スキル反射がチェイン解除で跳ね返ってくるので、チェイン保護を使用するか、チェインがそこまで重要でないデッキ構成であれば遅延や攻撃SSの使用は問題なし。

ダメージの比較的軽い左は残しつつ右から処理して行く事を推奨します。

ec

先制にて左右が《回復反転(3体)》を、中央が《スキル反射(チェイン解除)》を使用して来ます。

こちらもスキル反射はチェイン解除で跳ね返ってくるので、1つ上のパターンと同様に処理して行けばOK。

・9-1《思い出の場所》ボス戦

1bc

先制にて左が《回復反転(3体)》を、右が《1000ダメージの毒(全体・3ターン)》を使用して来ます。

3体共に攻撃は重めですが、スキル反射は無いので遅延や攻撃SSは使用可能。

中央は左右のどちらかが倒れると怒りモードに突入と同時に《チェイン解除》を使用して来るので、中央から先に処理する事を推奨します。

・9-2《流れてゆく景色》ボス戦

2bc
2bdc

左が先制の《力溜め》からの《6000ダメージ程度の単体攻撃》を、

中央が先制で《スキル反射(1500ダメージの毒・5ターン)》を使用後、「400ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を、

右が《水属性弱体化》を使用して来ます。


こちらはスキル反射が毒で跳ね返ってくるので、状態異常回復かガードがあれば遅延や攻撃SSの使用はOK。

左が致死量の単体攻撃をして来ますが、ノーデスもないので助っ人が控えている場合は左を後回しにし、中央とHPのかなり低い右から先に処理して行きましょう。

・9-3《乾いた夕暮れ》ボス戦

3bc

左が先制で《回復反転(3体)》を、初回行動にて《チェイン封印》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」を、

中央が先制で《スキル反射(のろい・HP-3000・5ターン)》を使用後、「450ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を、

右が先制で《回復反転(3体)》を、初回行動にて《水属性ガード》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」を繰り返してきます。


こちらはスキル反射が5ターンの間HPが-3000される《のろい》なので、遅延を使う場合はSS攻撃等も同時に使い、行動前に終わらせる火力の確保をしたい所。

火力的に不安がある場合は、右にガードを使われると厄介なので、中央をSS込みで1ターン以内に落としてから遅延、もしくは左と中央の攻撃を軽減やダメージブロックで耐えながら右から処理して行く等の戦法が必要になります。

・9-4《記憶の底へ向かう》ボス戦

4bc

左が先制で《スキル反射(1500ダメージの毒・5ターン)》を、初回行動にて《回復反転》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」を、

中央が先制で《ダメージブロック(30,000・単体・7ターン)》を使用後、「500ダメージ程度の連撃(最大5ヒット)」を、

右が先制で《チェイン封印》を、初回行動にて《回復反転》を使用後、「1200ダメージ程度の全体攻撃」を繰り返して来ます。


中央が3万のダメブロを使用して来るのがかなり厄介。
1ターン目に左右が共に《回復反転》を使用して来るのもあるので、状態異常回復かガードと合わせ開幕遅延を使用するのがベター。

ダメブロを突破できる精霊を中央、それ以外は右にタゲを取り攻撃して行く事を推奨します。

ただ、中央は左右のどちらかが落ちると怒りモードに突入し、《回復反転(全体)》を使用して来るので厄介。
自前で用意できない場合は助っ人にて特攻SS等の高倍率SSが使用可能な精霊を呼びこむと良いかもしれません。

 黒猫あんてなに参加しています。